人気ブログランキング |

ブリッジ誤飲

c0370157_22192953.jpg
誤って飲み込んだブリッジ4連。
長さ33mmで重さは約10グラム…

歯科的異物の90%は1週間以内に
自然排出されるらしい。。

大腸のS状結腸で止まってしまうと
消化菅の壁を傷つけてしまう恐れが。

長さが50mm以上や鉤(かぎ)付の部分入れ歯
だと内視鏡の絶対適応。

ぎりぎりの選択。

誤飲してから85時間。
無事帰還しました。

今年1番のほっとした事😆🍀


# by osouji99tai | 2018-06-08 22:21 | 日記

使命

c0370157_00064446.jpg
17年間の救急隊時代。
出会った心肺停止患者は300名。

救えた命に迸る高揚感と裏腹に
救えなかった命への罪悪感。

強いメンタルとクールさが必要だが・・
本当に強い人間なんていないと思う。。

元同僚の救命士が数名、搬送中に
隊員自身が心疾患に陥り受けた救命処置。

24時間続く重圧。
心臓に与える影響は計り知れない。

助けにいって助けられた救急隊。
ストレスの行き場は無い。

救いがあるとするなら
誇りだけかもしれない。
# by osouji99tai | 2017-04-07 23:41 | 日記

戯れ

c0370157_00064401.jpg
去年の秋ホテル清掃のバイトをした。
夜8時から12時まで週5のシフト。

ダブルワークにはキツ過ぎる。
一室10分のお風呂掃除がエンドレス。

唯一のエネルギー源は‥
スタッフ同士の助け合いだった。

よく似た年齢。
よく似た境遇。

言葉に出来ない喪失感の共有。
お金を稼げてる安心感。

始めて1ヶ月後、過労で事故。
身体を削って得たもの。

お金じゃない。
まだ生きてるってこと。

古舘伊知郎さんがテレビで言ってた命の三部作。
「宿命に耐え、運命と戯れ、使命に生きる」

運命と戯れ過ぎてる。


# by osouji99tai | 2017-04-07 01:16 | 日記

やまと奈良マスターズ

2017やまと奈良マスターズブレ50

短いレースにも自分にとっては長い道のり。
日ごろ生きていて1秒を意識していない。

去年の大晦日、夕方まで仕事して都ホテルの
プールで2時間泳ぎ続けてた。

世間が紅白歌合戦で盛り上がる中
だれもいなくなったプールで一人。

充実感と達成感で満たされた年越し。

# by osouji99tai | 2017-04-07 01:08 | 日記

超えろ

c0370157_00064345.png
自分を超えるのは自分だけ
県営プールに貼ってあったポスター。
ただ前に進むだけ。
# by osouji99tai | 2017-04-06 23:59 | 日記

c0370157_00064344.jpg


曇らないと見えない。
# by osouji99tai | 2016-03-17 22:47 | 日記

麦門冬湯

c0370157_00064254.jpg


喉の痛みが3週間も続いてる。
レントゲンで見ても気管支炎ではない。

血液検査の炎症反応も無し。
喘息様の呼吸音も無し。

原因が分からないうえ
抗生剤も咳止めシロップも全く効かない・・

横になるとさらに咳が止まらない。
最後の砦が逆に漢方。

ツムラの麦門冬(バクモンドウ)。
効いてくれ。。
# by osouji99tai | 2016-02-26 23:34 | 日記

フラッシュバック

c0370157_00064118.jpg


突然の息苦しさ。
窒息感と焦燥感。

大丈夫だと言い聞かせてみても
昔の悲しい現場に脳が襲われてく。

喉頭浮腫による呼吸停止。
スズメバチに刺された男性が口から泡を噴いていた。

アナフィラキシーは血圧も急降下させる。
重症例だと息が出来なくなるまで数分。

喘息重責発作で救急出場した現場。
全身で息をしても息が吐けない。

呼吸筋が疲弊する上、気管支がさらに狭くなってくる。
車内収容後すぐに呼吸停止。

パニック発作で救急車を呼ぶ人は数多い。
本当に死んでしまいそうな感覚に襲われる。

でもそれが原因で死んだ人に・・
まだ1人も出会ってない。。
# by osouji99tai | 2016-02-22 22:04 | 日記

K点

c0370157_00064092.jpg


競泳のK点は3m。
飛行時間約0.5秒。
# by osouji99tai | 2016-02-09 01:03 | 日記

家族のかたち

c0370157_00063894.jpg


離婚はせずに別居していた男性。
生前戻りたいと願っていた。

叶ったのは突然死したその日。
やっと家族5人一つ屋根の下。
# by osouji99tai | 2016-01-01 01:13 | 日記